ながみえの旅

~ひたすらソロツーリングと山歩きと雑飯~

【山道を歩こう】綿向山 ⇒ 竜王山 縦走 ~樹氷を見ながらおせちを食べる~

20年1月1日。正月早々、鈴鹿山脈西側の綿向山と竜王山を縦走し、美しい樹氷を見て来ました。

f:id:nagasakimie:20200102114018j:plain

 

【登った山】

綿向山 ⇒ 竜王山 縦走 (表参道コース ⇒ 竜王山縦走コース)
山の位置:滋賀県
頂上の標高:1110m(綿向山)
上り:965m、下り:965m

気軽に樹氷が見れることで有名な山、綿向山を含めた縦走コース。

 

【体力の無いながみえが実際に登ってみて】

登った日:1月1日(曇り)
歩行時間:約6時間35分(休憩時間1時間30分を含む)
歩行距離:10.5km(YAMAPアプリで計測)
歩数:10966歩(ウェアラブル端末で計測)
消費カロリー:2787kcal(YAMAPアプリで計測)
難易度:★★★☆☆(綿向山の難易度は比較的低いが、竜王山縦走コースは中級者向け)

f:id:nagasakimie:20200101191241j:plain

 

御幸橋駐車場 ⇒ ヒミズ谷出会小屋

新年、明けましておめでとうございます。

実家に帰るかどうか小一時間悩んだ結果、初めての雪山登山に挑戦して山頂でおせちを食べることに決めた ながみえ です。

 

という訳で、1月1日 午前9時15分。御幸橋駐車場に到着しました。

f:id:nagasakimie:20200102120041j:plain

無料で利用できる広い駐車場。ありがたいです。

 

さっそく出発します。約1kmほど林道を歩き・・・

f:id:nagasakimie:20200102120413j:plain

 

すぐに登山口にあたるヒミズ谷出会小屋に到着しました。

  

表参道コース

表参道コースの序盤は山の斜面をひたすらジグザクに登ります。

f:id:nagasakimie:20200102122145j:plain

f:id:nagasakimie:20200102122421j:plain

 

登山者が多くよく踏み固められているため、非常に歩きやすいです。

 

登って行くについれて少しずつ雪が増えて行きます。

 

そして10時50分。登り始めて1時間半ほどかけて5合目の山小屋に到着しました。

f:id:nagasakimie:20200102123718j:plain

 

ここからいよいよ雪山登山開始! 樹氷の世界へ突入します!

 

白い世界

5合目の山小屋から先は、まさしく別世界でした。

f:id:nagasakimie:20200102123837j:plain

f:id:nagasakimie:20200102123903j:plain

0℃以下になった水の粒が冷えた樹木にぶつかってくっつき、こおりついて成長したものを樹氷と言うそうです。枝の周りをコーティングする感じではなく、風上に向かって伸びていきます。

 

と、上のツイートで絶賛していますが、しかしここはまだまだ序の口でした。この先さらに想像を超える世界が広がって行きます。

 

f:id:nagasakimie:20200102125655j:plain

f:id:nagasakimie:20200102125720j:plain

この日、天気が曇っていたことが残念でなりません・・・

上の写真なんて、樹氷の奥に青い空が写っていたらどれだけ美しかったことでしょう・・・ 

 

冬専用登山道との分岐点に到着。冬以外は真っすぐ進むのですが、冬は危険なため通行止め。写真左の急斜面を登って行きます。

f:id:nagasakimie:20200102130325j:plain

 

そしておそらく最も樹氷が大きく成長しているのがこの辺り。

f:id:nagasakimie:20200102130633j:plain

f:id:nagasakimie:20200102130609j:plain

 

やばい。興奮して写真を撮りまくるため全然先へ進めません^^

 f:id:nagasakimie:20200102131702j:plain

f:id:nagasakimie:20200102131755j:plain

 

そして11時50分。登り始めて2時間半かけて綿向山山頂に到着しました!

f:id:nagasakimie:20200102132121j:plain

f:id:nagasakimie:20200102132131j:plain

曇ってて景色が全然見えない!

写真を撮るために何度も立ち止まったため、予定より時間がかかってしまいました。

 

樹氷を眺めながらおせちを食べる

それでは待望の昼食タイムです。

今日は元旦ということで、おせちを持ってきました。まぁ市販のものをタッパーに詰めただけですが^^

f:id:nagasakimie:20200102134922j:plain

 

カロリー控えめなので登山弁当には相応しくないかもしれませんが、まぁ今日くらいはということで、頂きます。

 

私「・・・・・・」

 

冷たい! 寒い!

いや、当たり前なんですが、予想以上です。お吸い物を啜りつつ、ガタガタ震えながら食べます。食べているのにマジで体が冷えてきました。

 

と、食べている途中、一瞬だけ雲の切れ間から太陽が覗いたので慌てて食事を中断。走り回って山頂周辺を撮影して回ります。

f:id:nagasakimie:20200102132540j:plain

f:id:nagasakimie:20200102132559j:plain 

樹氷は雪ではなく空気中の水分が凍ったものなので、条件がそろう場所だけにできているのが面白いです。

f:id:nagasakimie:20200102132651j:plain

f:id:nagasakimie:20200102142018j:plain

 

日に照らされた樹氷がまた美しい・・・

f:id:nagasakimie:20200102132833j:plain

f:id:nagasakimie:20200102132954j:plain

やっぱり青空との組み合わせが最高ですね。

クソゥ・・・なんで一日晴れてなかったんだ・・・

 

結局おせちは冷たくて全部食べれませんでした。最後にお汁粉で体を温めて山頂を後にしました。

f:id:nagasakimie:20200102140021j:plain

f:id:nagasakimie:20200102140233j:plain

 

竜王山縦走コース

12時40分。なんだかんだで50分間も山頂に居てしまいました。竜王山へ向けて出発します。

f:id:nagasakimie:20200102140925j:plain

 

竜王山縦走ルートをちょっとだけ進んで、振り返って見える綿向山の景色が最高でした。

f:id:nagasakimie:20200102141049j:plain

f:id:nagasakimie:20200102141109j:plain

f:id:nagasakimie:20200102141116j:plain

 

まるで満開の桜の花のよう。まったくなんで今日は晴れてな(ry

 

くぐると幸せになれるという、ブナの珍変木。

f:id:nagasakimie:20200102141252j:plain

f:id:nagasakimie:20200102141334j:plain

いや、これどうなってるんだ・・・? 

 

竜王山へ続く綾線も素晴らしい。

f:id:nagasakimie:20200102141451j:plain

f:id:nagasakimie:20200102141520j:plain

 

しかし美しい風景に酔いしれるのもここまで。ここから先は厳しい下り坂が始まります。

f:id:nagasakimie:20200102141814j:plain

 

なんか「危険!注意!」みたいな雰囲気の看板がありますが、読めません・・・

f:id:nagasakimie:20200102141923j:plain

 

写真だと分かりづらいですが、もの凄い急な下り坂。そしてめっちゃ滑る。危険。

f:id:nagasakimie:20200102142255j:plain

 

横向きになってカニ歩きしながら慎重に降りて行きます。

 

いや、忠告遅いよ。

f:id:nagasakimie:20200102142400j:plain

 

高度が下がるにつれて樹氷も小さくなって行きます。

f:id:nagasakimie:20200102142548j:plain

 

ここまで来てようやく気付いたのですが、地面に積もっているのも雪ではなく崩れた樹氷だったようです。

f:id:nagasakimie:20200102142908j:plain

f:id:nagasakimie:20200102142922j:plain

 

14時20分。鉄塔のある絶景ポイントに到着しました!

f:id:nagasakimie:20200102143121j:plain

 

この場所、歩いて来た場所が一望出来て素晴らしいです!

f:id:nagasakimie:20200102144807j:plain

こうして見ると、結構歩いてますね。これでも写真に写ってるのは全体の3分の1くらいです。

 

なんで曇って(ry

 

先へ進みます。もはや樹氷はほとんど見れません。ちょっと寂しい。

f:id:nagasakimie:20200102145703j:plain

 

そして14時45分。竜王山山頂に到着しました。もはや雪は見当たりません。

f:id:nagasakimie:20200102145817j:plain

 

特に景色が良いという訳でもないので、ちょっと休憩して先へ進みます。ラストスパート!

 

ただ、ここから先は本当に大変でした。

f:id:nagasakimie:20200102145942j:plain

 

延々と続く地獄の下り坂。これまで歩いて来た疲れもあり、ガクガクの足で少しずつ何とか進みます。膝が痛ぇ・・・

f:id:nagasakimie:20200102150231j:plain

 

15時25分、竜王山の登山口まで降りて来ました。

f:id:nagasakimie:20200102151723j:plain

 

その後、しばらく林道を歩いて15時50分。ようやく駐車場まで戻ってきました!

f:id:nagasakimie:20200102151920j:plain

誰も居ねぇ! 

 

どろどろになった靴を川で洗いつつ、2020年最初の登山はこれで終了となります。

f:id:nagasakimie:20200102152035j:plain

歩行時間 6時間35分(休憩時間1時間30分を含む)

歩行距離:10.5km。歩数:10966歩。 

消費カロリー:2787kcal。

 

新年一発目として記憶に残る登山にしたく、樹氷で有名な綿向山を選択しましたが、大正解でした。

 

返す返すも曇っていたことが残念でなりませんが、それでも想像以上の美しさに感動しました。

 

竜王山縦走ルートは雪が無かったとしてもやや中級者向けですが、表参道ルートは初心者でも問題なく登れると思いますので、近くに住んでいる方は是非挑戦してみて下さい。

 

本当に感動しますよ^^

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

ながみえの山歩き一覧はこちら

 

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ